小学生、中学生、高校生を対象に個別指導の学習塾です。一人ひとりを大切にする個人塾の向学舎です。

国語の読解力

「読解問題ができなくて、どうしたらいいですか?」

「国語の勉強はどうしたらいいですか?」

「算数の文章題が苦手なんです」

と質問を受けることがあります。

 

算数の文章題は、読解力(注意深く問題を読む)が何より必要です。

計算はできている場合がほとんどなので、あとは読解力をつけるだけです

 

その読解力はどうしたらいいでしょう??

 

多くの生徒達と接する中で、確かなことがあります。

それは、読書量が多い生徒は中学3年生後半になってから

成績がグッと上がってきます。

 

より多くの本を読んでいる生徒は

入試や模擬試験の国語の長文読解の要旨をしっかり把握し

適切に解答することが出来ています。

また、英単語・文法に少し自信がなくても英語の長文の内容を理解し

内容に関する設問は正解することができています。

 

本を読んで読解力を付けるのは少し遠回りのような気がしますが、

国語力を鍛えるには一番だと思っています。

 

 

学習塾向学舎では、塾文庫を通じて

本を読む習慣がある生徒には、できるだけ色々なジャンルの本を読むようにまた、あまり読みたがらない生徒には面白そうな本を提案しています。

 

今回は読書が好きになれる本を提案したいと思います(^^)

 

『サーティーナイン・クルーズ』 (体感型謎解きアドベンチャー小説)

リック・ライオダン著
小浜 杳訳

 

本に書いてあったあらすじを抜粋します

名門ケイヒル一族の当主である大富豪グレースは、謎の遺言を残して亡くなった。
「世界中に散らばる39の手がかりを探した者は、究極の力を手に入れるだろう」と。

14歳のエイミーと11歳のダンは、ケイヒル家の遺産相続人候補となり
39の手がかりを探す旅に出た。しかし多くのライバルが二人の前に立ちはだかる。

謀略と裏切り、時には命をも狙われながら、二人は力を合わせて、
困難に立ち向かっていくが・・・

 

 

 

児童書にしては、ぎっしり字がありますが、先が気になるので

楽しく夢中になれる本です。

現在は8巻まで出ています。この先、まだまだシリーズが続くようです。

 

この本は、小4の姪から薦められました。

ただいま、1~3巻まで借りて読んでいます。

姪も夢中で読んでいたのか、本の表紙はボロボロです。

 

ある時、どこまで読んだのかと、姪と電話で話をしていると

「オーストリア・ウィーン」と地名がでてきて驚きました。

世界中を旅する物語なので、地図に興味を持つきっかけにもなりそうです。

 

私は、共通の話題ができるのが嬉しくて、ドンドン読み進めています♪

学習塾 個人塾向学舎

〒404-0042 

山梨県甲州市塩山上於曽1255

Tel  0553-33-3520

Fax 0553-33-7667

塾長ブログsmilingdays

今日の頭の体操


111202teacher_mariko.jpg

学習塾 個人塾向学舎 塾長 小中高校生対象の個別指導塾を開校して18年が経ちました。

現在50名の生徒が在籍しています。

学習に関するお悩みを一緒に解決しましょう。

アクセスマップ 塩山駅北口から徒歩10分

こばやし塾のsmilinigdays